エコカーの種類

電気自動車

電気自動車とは、電気をエネルギーとして走行する車です。
なので、CO2や排出ガスが一切ありません。
CO2の削減が言われているここ何年かで、電気自動車が増えていくのはとても良いことだと思います。
しかし、電気を充電するのに時間がかかることや、電気を充電出来るステーションがまだまだ少ないことがデメリットとして挙げられます。
家庭でも充電できますが、外出の際などに万が一を考えるともっとそういったステーションが増えてくれたらと思いますね。
最近では、太陽パネルで日中溜めた電気を充電に充てることが出来るように取り組んでいるそうです。
環境にも優しく、家計にも優しい。
両方が実現できる日が待ち遠しいですね。

ハイブリット車

こちらが1番よく耳にしているエコカーでしょうか。
有名な自動車で、トヨタの「プリウス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
ハイブリット車は、電気とガソリンエンジンの両方で走行する車です。
なので電気自動車のように充電を気にしなくても、電気がなくなった際は自動でエンジンに切り替わるなど安心です。
2000年以降は、コンセントから充電できる「プラグインハイブリッドカー」なども増えてきています。
しかし、ガソリンを使っているとCO2などは排出されつづけます。
なので、完全に排出されない電気自動車の普及を目指しているところが多いようです。

水素自動車

水素自動車とは、名前の通り水素をエネルギーとする自動車のことです。
水素はどこにでも存在するものなので注目を集めていますが、まだまだ課題が沢山あります。
水素ステーションは日本にまだ数えるほどしか存在しないですし、水素の安全面を心配する声も多いです。
また、値段が今の段階では高いというのもありますが、ここ何年かでトヨタが700万円台の水素自動車を発表したりと実用しやすくなってきています。
これで水素ステーションも増えると、更に水素自動車の需要が増えるかもしれません。

こちらのサイトに、駐車場もあります。
購入を考えている方など、参考にしてみてはいかがでしょう?

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>