東京都の渋滞事情(通勤)

都内は人口も多く交通量も多いため、渋滞が日々発生しています。
基本的にどの時間帯も交通量は多いですが、朝の通勤や夕方の帰宅ラッシュが多いです。
どんな道路がより交通量が多いのか、紹介していきます。

一般道路

皆さんもよく耳にすると思いますが、環状七号線や環状八号線、山手通りなどは渋滞がとても発生しやすくなっています。
こちらは基本的に朝のみでなく、1日中渋滞していることが多いです。
内回りが渋滞が起きやすい傾向があります。
他にも、区別で見た際は国道4号や国道20号、国道246号なども渋滞が多いです。
昨年は、国道4号が1番渋滞が多かったようです。
多摩地区などでは、都道17号所沢府中線府中街道や国道20号、国道16号が渋滞がよく発生しています。
都心に向けての渋滞が多いため、都内在住の方だけでなく神奈川県や埼玉県などから車で通勤されている方も多くいらっしゃるのだと考えられます。

高速道路

高速道路はやはり都内では、首都高速道路の渋滞が多いです。
特に東京インター前の「瀬田交差点」は、昨年交差点の渋滞発生状況ワースト1になっています。
他にも中央自動車道や関越自動車道も、首都高速程ではないですが渋滞が発生しています。
高速道路も都心方向が、渋滞している傾向にあります。
こちらも、都外からの利用者が多いことが分かりますね。

このように、都内は渋滞が多く発生しています。
車で通勤される際は、時間に余裕を持って行動した方が良いでしょう。
また、車を特に必要とされない場合などは、電車など公共の乗り物を利用した方が良いでしょう。
渋滞にもよりますが、電車を利用した際と比べると何時間も変わってくる場合などもあるので、時間を考えたり、交通状況をよく見て考えましょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>